お問い合わせありがとうございます。

連休も終わり通常運転の日々が戻って来ました。気持ち良い気候の時期がありがたいですね。すぐ蒸し暑くなりますが、新緑の季節を堪能したいと思います。

4月の終わりから、少しずつまたお問い合わせを頂いてます。新生活に少し順応して来た頃でしょうか。時間割も出て、生活リズムがつかめて来た頃かもしれません。

私の教室だけ?でしょうか・・特にキャンペーンとかをするとその傾向が顕著に出るのですが、、ピアノ環境や性別、年齢などなぜか似たような方が集まる傾向があります(本当に不思議です)

最近、特に4月以降によくお問い合わせをいただくのが、小学生3年生〜6年生の女の子がとても多く、現在他の教室にて習っている、もしくは習っていたけど先生のご都合により、別のお教室に移動を・・ような傾向が多い傾向です。

お問い合わせいただくのは大変光栄ですが、どうしても、開講時間に限りがある為、お問い合わせを頂いてもご希望の時間にレッスンができないこともあり、体験レッスンのご案内ができないことも多く、申し訳ありません。

これくらいの年頃の編入生の方はだんだん塾に学校に部活に忙しくなってくる時期でもあります。そして、悲しいことに生活環境の影響もあるのか、少しずつピアノ離れが始まってしまう時期でもあります。

せっかく幼稚園の頃からピアノを始め、小学3〜4年生でやめてしまうのは、なんだか勿体無いと私も思いますが、やはりそう思うお母様もたくさんいらっしゃいます。そのようなお母様からの問い合わせ、多いです。私も一児の母なので、お気持ちとても分かります。

多くのお子さんがピアノやめ時の時期に、もしピアノ続けたら、クラシックの名曲が弾けるようになるのはもちろんですが、高学年〜中学に入り合唱伴奏などの機会もあり、場合によっては内申点にも良い影響があるかと思います。卒業式などで合唱伴奏は花形です!!

そして中学に入ると、ピアノやっているお子さんは音楽のテストなんて朝飯前。定期テストで音楽の点が100点取れるようになります(定期テスト対策も対応いたします)。

なので、ピアノを習う目的をお伺いしながら、なるべく生活の負担にならないようなレッスンをしたり、時には気分転換として、好きな曲を弾いたり、幼児〜低学年の子供より、より柔軟なレッスンをしながら、なるべく続けていただけるようこちらも対応しております。

継続は力なりです。ピアノって小さなお子さんの習い事のイメージが強いかもしれませんが、こういうお問い合わせも増えて、対応可能ということのシェアにつながればいいなと思い書きました。